無料カウンセリング・診療予約

MENU

ダイエットのお悩みQ&A

リバウンドしないダイエット法はありますか?

リバウンドしないためには体の仕組みを知り、無理な食事制限や減量をせずに健康的にダイエットすることが大切です。

ダイエットをしている人の多くが悩まれるのがリバウンドです。
せっかくダイエットして痩せられたとしてもすぐに元の体型に戻ってしまったらもったいないですよね?
きちんと体の仕組みを知り、正しいダイエットを継続することでリバウンドしない健康的な体を手に入れましょう。

それでは少し詳しくリバウンドについてご説明したいと思います。



■リバウンドとは?


ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前もしくはそれ以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。
リバウンドが起こりやすくなる原因は、厳しい食事制限にもとづいたダイエットなどで、急速な体重減量が見られるダイエットをしてしまうためです。
日本人はダイエット経験者の約60%以上がリバウンドしていると言われています。



■なぜリバウンドは起きるの?


(1)ホメオスタシスと停滞期
ダイエットで食事制限をしている状態は「消費エネルギー>摂取エネルギー」です。私たちの体にはホメオスタシスという体の状態を一定に保とうとする機能があります。
ホメオスタシスの働きにより、急激なダイエットをすると摂取エネルギーを減少させてしまうと脳が「飢餓状態だ!」と判断して消費エネルギーを節約してしまいます。



さらに脳はエネルギーが足りないと思い食事からエネルギーを取ろうとします。そのため「消費エネルギー=摂取エネルギー」になり体重が減らなくなってしまいます。

これが停滞期となり、体重が減らなくなってしまいます。そして停滞期にダイエットを諦めた場合でも、このホメオスタシスは機能し続けています。
あきらめて食事の量を戻したところで、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されることになってしまいます。



(2)レプチンの量と満腹感
脂肪が体内に吸収されると「レプチン」というホルモンが分泌され、満腹中枢を刺激することによって満腹感を得られます。
しかしダイエット中は食事を減らしているので、レプチンの量も減少します。食事の量を元に戻したところでレプチンが減っているので満腹を感じにくくなります。
そのためいつもの食事量をはるかに超えて食べてしまうのです。



以上2つの理由からリバウンドは起きてしまいます。
では、上記を踏まえた上でどのようなダイエットをすればリバウンドしないのでしょうか。



リバウンドしないダイエット方法


■リバウンドしないダイエットは?


(1)無理な食事制限をしない
急激に食事を減らしたり、断食したりすることは体に悪いこともそうですが、続かないので確実にリバウンドしてしまいます。
ダイエット中であってもバランスの取れた食事をとるようにしましょう。
減らすのであれば炭水化物を少しずつ減らしていき野菜を中心に肉、魚などのタンパク質を多めに取る食事に変えていきましょう。



(2)適度な運動をする
「消費エネルギー >摂取エネルギー」なら自然と痩せますよね?食事を減らしたりするのではなく、その分カロリーを消費するよう運動をしましょう。
運動といっても無理に激しい運動をするのではなく、継続してできる運動をご自身で決めてやるのをお勧めします。適度な運動は基礎代謝が上がり、脂肪燃焼につながります。



(3)ダイエットを継続させる
先ほどホメオスタシスについてご説明しましたが、停滞期を乗り越えると脳は「飢餓ではない」と判断し「消費エネルギー>摂取エネルギー」の状態に戻ります。


つまり痩せやすい体質に戻ります。停滞期だからとダイエットをやめるのではなく継続して続けることが必要です。
また、少ないレプチンの分泌量にも体が慣れてきて、少ない食事でも満腹感を得られるようになってきます。すぐにあきらめることなく地道にダイエットをすることで結果が得られます。



■医療機関では生活改善、食事の指導も行っています


これまでご説明したことはご自身で行っていただくダイエット方法でしたが、医療機関では様々なダイエットのサポートをしていることをご存知ですか?
一人一人に合ったダイエットプランから生活改善、食事の指導など知識豊富な医師がアドバイスしてくれます。


当クリニックでも体質改善や脂肪細胞そのものを減らすなどのリバウンドしにくい治療はもちろん、リバウンドしないためのアドバイスも充実しています。
ぜひご検討ください。

関連する質問

ダイエットを長続きさせるにはどうしたらいいですか?

運動なしのダイエットでも痩せられますか?