無料カウンセリング・診療予約

MENU

ダイエットのお悩みQ&A

ダイエットしても顔がなかなか痩せません…

実は、顔太りの原因は脂肪だけとは限りません。

ダイエットをして体重が減ったのに顔が痩せない!という悩みは、多くの方が抱えているものです。
ふっくらした頬には若く可愛らしい印象を与える効果がありますが、それでも締まるところはキュッと引き締まった小顔が魅力的。
身体が痩せていても顔がパンパンの状態では、痩せているように見えないので困りものですね。
顔痩せダイエット
実は、顔が太って見える原因は、脂肪だけとは限りません。
主な顔太りの種類とその解消法を、3つの原因に分けてご紹介します。


■むくみが原因の顔太り


むくみとは、血液やリンパの流れが悪くなることで、皮下組織に不要な水分や老廃物が溜まってしまっている状態のことです。
顔のむくみを最も実感しやすいのは朝です。起きているときは顔は体の上部にあるため不要な水分は下に流れていきますが、横になっている時には不要な水分が顔の方にも流れてきてしまうのです。
朝起きた時に特に顔が大きく見える、瞼が腫れぼったく見えるという方は、むくみが原因で顔が太ってしまっていると言えるでしょう。

基本的には、朝の顔のむくみは昼頃になると自然と解消されるものです。
しかし、塩分やアルコールの摂取量が多い場合、水分の排出を促すカリウムが不足している場合などは、不要な水分が顔に滞り、顔のむくみが解消されにくくなってしまいます。
また、猫背の人や、顔に左右差があるという方も要注意。骨格の歪みが原因で老廃物が溜まり、顔がむくんでしまっている可能性が高いです。

むくみが原因の顔太りは、比較的解消しやすいものです。
顔のリンパマッサージのほか、むくみの解消に効果の高いカリウムやビタミンB群を食事の中で意識的に摂取すること、そして日頃の姿勢の改善などでむくみを解消することができます。


■咬筋の発達が原因の顔太り


顔のえらの部分には、咬筋と呼ばれる筋肉があります。
歯ぎしりや歯を食いしばる癖があると、咬筋が過剰に発達することで顔を大きく見えてしまいます。
前から見るとエラが張っているようにみえるけれど横から見るとそうでもない、という方は、このタイプである可能性が高いです。

当院では、咬筋の過剰な発達が原因の顔太りに対してボトックス注射による治療をご提供しております。
ボトックス注射には、筋肉の働きを抑制する働きがあります。ボトックス注射の施術から約1ヶ月ほどかけて徐々に筋肉が縮小していき、すっきりとしたフェイスラインへと変化します。
注射だけの手軽な治療でありながら、一度でも顔痩せ効果を実感することができるおすすめの治療です。


■脂肪が原因の顔太り


顔についた脂肪がなかなか落ちないのは、顔の表情筋が衰えてしまっているせいかもしれません。
顔の筋肉が使われない状態では、肝心の脂肪も燃焼されません。
身体だけでなく、顔のダイエットにも筋肉の運動が必要なのです。

日常生活の中で表情豊かに話すよう心掛けたり、表情筋のエクササイズを取り入れたりすることで、顔の筋肉を意識的に動かして脂肪を燃焼させましょう。

クリニックでの治療としては、エクセル(Xcell)や脂肪溶解注射(BNLS)による治療がおすすめです。
いずれも、痛みやダウンタイムの少ない手軽な治療でありながら、頑固な顔の脂肪を分解・排出させる高い効果がある治療法です。


■クリニックでは、あなたに合った顔痩せ方法をご提案できます


千葉県イデア美容皮膚科クリニックの顔痩せダイエット
顔太りの原因として代表的なものを3つ挙げましたが、実際はいくつもの要因が混ざり合っていることも多く、自分にぴったりの顔痩せ法を自分で判断するのはなかなか難しいものです。
イデア美容皮膚科クリニック柏院・船橋院では、メディカルダイエットの実績豊富な医師が、患者様の顔の状態を診断し、ぴったりの顔痩せ方法をご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

関連する質問

太もものセルライトに悩んでいます。効果的な解消法を教えてください

脚痩せできるダイエット法を教えてください